2018年10月雑記ブログ『ロロノア』始動!

【YouTuber必見】NCSって知ってる?【ロロノア的厳選5曲】

NCS

僕はYouTubeでゲーム実況をちょくちょくしている。

そんな時に困るのが実況の際一緒に流す音楽だ。

 

実況に音楽が付いているかついていないかで雰囲気が全く違う。

どうせならオシャレな音楽入れて、視聴者に「このチャンネル音楽もイケてるよね」って思ってもらいたいところ。

 

ただ、このご時世著作権問題がついてくる。

著作権ありの音楽を動画につけると収益化はできない。

だから自分の好きな音楽を動画に入れるのは基本的には無理と考えるべきだ。

 

そのモヤモヤを全て取っ払ってくれるのが今日ご紹介したい『NCS』だ。

NCSとは?

NCSはイギリスのレコードレーベル。

2011年にビリー・ウッドフォードによってYouTubeチャンネルとして始動。

 

NCS=No Copyright Sounds = 著作権フリーな音楽ということになる。

つまり、条件さえ満たせば誰でも許可申請等不要で使える楽曲

ジャンルはEDM。

 

チャンネル登録者は約1900万人という驚愕的な数字。

著作権フリーとはいえとてつもないクオリティなのは登録者の数から容易に想像がつくだろう。

公式YouTubeチャンネル『NoCopyrightSounds』

NCS楽曲使用における条件とは?

NCS楽曲を使用する際に必要なことはとても簡単なことだ。

下記3つを押さえておけば問題なく使用できる。

概要欄に下記を記載

①アーティスト名・曲名を表記する

②NCSのリンクを貼る

③NCSが提供するストリーミングサービスのリンクを貼る

「③NCSが提供するストリーミングサービスのリンクを貼る」に関しては「?」となる方がいるかもしれないが簡単。

NCSのSpotify、Apple Music、Amazon Music等のYoutube以外の音楽サービスのリンクを貼ってくださいということ。

動画の概要欄にコピペするだけで大丈夫。

ロロノア的厳選5曲

僕が好きな曲5選を紹介する。

NCSはボーカル有り無しどちらも充実している。

ただ個人的にはボーカル有りが好きなのでロロノア的厳選5曲は全てボーカル曲となっている。

ボーカル無しが好きな方は下に記載している定番をチェックしてくれればいい。

1位 Kovan & Alex Skrindo – Into The Wild (feat. Izzy)

2位 Janji – Heroes Tonight (feat. Johnning)

3位 Jim Yosef & Anna Yvette – Linked

4位 Culture Code – Make Me Move (feat. Karra)

5位 Axol & The Tech Thieves – Bleed

定番の曲7選

ここから下の7曲は定番中の定番。

もっといっぱいあるのだがとりあえずその中でも定番曲を厳選した。

YOUTUBEみている方ならどこかしらで聞いたことがある曲があるのではないだろうか。

1位 Alan Walker – Fade

2位 Alan Walker – Spectre

3位 Tobu – Candyland

4位 Elektronomia – Energy

5位 Distrion & Electro-Light – Rubik

6位 Elektronomia – Sky High

7位 Axol x Alex Skrindo – You

NCS以外の著作権フリーch『TheFatRat』

NCS以外にも実はある。

公式YouTubeチャンネル『TheFatRat

ここの曲は更新数はNCSには遠く及ばないもののクオリティは間違いない。
僕も毎回使用していた。

これも人気なチャンネルなのでいくつか楽曲を紹介しておく。

TheFatRat – MAYDAY feat. Laura Brehm

TheFatRat – Fly Away feat. Anjulie

TheFatRat – Monody feat. Laura Brehm

TheFatRat – No No No

TheFatRat – The Calling

NCSについてまとめ

生活する中で聞いたことがある曲もあったんではないだろうか。

今後普段から聴いてみるのもいいし、YouTube投稿される際はぜひ使っていただきたい。

NCSまとめ
  • 著作権フリー
  • 使用時には概要欄に記載するだけ
  • クオリティ高い
  • 曲数豊富

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です