Amazon/ビジネス書の売れ筋ランキング

【日本クラウドファンディング開始】Macbook拡張ハブの新常識DGRuleドッキングステーションがMAKUAKE(マクアケ)で先行予約販売開始

3 min

~米kickstarter、米indiegogoと台湾で、総額96万6000USドル(約1億1千400万円)を集め、大人気なMacBook Pro用ドッキングステーションがついに日本に上陸~

輸入雑貨・アクセサリーの企画、販売を手掛ける株式会社KUTUROGIAN(住所:千葉県千葉市、代表者:林 佶緯)は、12月25日(金)16時より、日本最大のクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて先行予約販売を開始。開始12時間で100%達成!1月8日12時現在1503%を突破。

※支援金額は1月8日時点で150万円を突破!
特設サイト:https://www.makuake.com/project/dgrule

【DGRule ドッキングステーション】の特徴

1. MacBook Proに一体化するコンパクトデザイン。
2. 携行性に優れた HDMI、USB、SDカード等各種拡張機能が充実。
3. MacBook Proの両側にはめてしっかり固定できる上、パソコンバッグに収納するのも簡単。

ボクが今使用しているUSBハブは使用時に挿すタイプのものだ。一体型で抜き差しが必要ないのは素晴らしいアイデアだと思う。デザインも素晴らしい。MacBookをよく使うデザイナーとメーカーが考案してるらしい。MacBook Pro本体の一部のような洗練なデザインになっていて完成度が高い印象を受けた。
MacBook Proに直接はめ込むので一体化し、見た目もスッキリ。持ち運びも簡単で、欲しい拡張機能がほぼすべて揃っている。

【コンパクトでスタイリッシュ】
片手でMacBook Proと一緒に運べて、上から見ても横からみても、違和感のない拡張アイテムになっている。

【快適な作業をサポート】
デザイナーやクリエイターには、各種USBインターフェイスの接続、SDメモリカードの読み込み、複数のディスプレイ使用などがより簡単に。デュアルモニターを簡単に実現できてしまうのはいいね。

【仕事環境が快適に】
一般市販の各種拡張ハブは、接続用のUSB-Cケーブルが出っ張ってしまい、作業場の邪魔になりがち。もう出っ張る拡張ハブは不要。卓上スペースをもっと確保してもっと快適に仕事ができる。

【タイピングしやすい角度に】
本体が少し上がり、キーボードがタイピングしやすい角度になるので作業もしやすい。

【MacBook Proへの装着が安定】
DGRuleドッキングステーションは突然外れる心配がない。MacBook Proの両側(2つのThunderbolt 3ポートとオーディオポート)に差し込めば、必要に応じて所定の位置に留まるので、ガタツキがなく作業に集中できる。

【収納がより簡単に】
シンプルかつスリムなデザイン、MacBook Pro本体に装着したまま、カバンにしまうことができる。

【ワークステーションに変身】
HDMI端子とMiniDP端子を接続すれば拡張デュアルモニターでの利用が可能。

【熱を排出する設計】
DGRuleは、オーバーヒートを防止するクーリングパッド搭載し、三つの散熱口があるため、より長時間連続使用可能。※13インチは散熱口が二つ

【装着したこと自体を忘れてしまうほどのコンパクトデザイン】
見た目も機能性も追求したドッキングステーションを、DGRule社が多くのMacBook Proユーザーにお届けしたい。

【注意事項】
・大容量充電目的(モバイルバッテリーや複数台のiPad,タブレットなど)の同時使用は、場合によって充電できないことがある
・USBから更にハブに接続はしないように

【製品スペック】
カラー:スペースグレイ
サイズ・重量:
13インチ:高さ 約 30.4cm × 幅 約 4.86cm × 厚 約 1.5cm × 約 187g
15インチ:高さ 約 35cm × 幅 約 6.2cm × 厚 約 1.6cm × 約 246g
16インチ:高さ 約 36cm × 幅 約 6.2cm × 厚 約 1.6cm × 約 252g
【素材】CNC陽極酸化アルミニウムシェル
【接続方法】 2 × Thunderbolt 3 USB-C
【出力】
(USB-A Output): 5V / 1.5A Max
(USB-C PD Input): 20V / 5A Max
【インターフェース】
USB-C 3.1、USB-C Gen2、Audio、MiniDP、HDMI、microSD / SD、USB-A 3.1×3
【生産国】中国
【付属品】説明書

【該当デバイス】
2016年以降に製造されたApple MacBook Pro (Intel&M1チップ対応)
2018年以降に製造されたApple MacBook Air (Intel&M1チップ対応)

【スケジュール】
12月下旬 プロジェクト公開
2月27日 プロジェクト終了予定
3月~4月頃メーカー発注依頼予定
2021年7月中旬~下旬 入荷予定
2021年8月上旬頃~順次配送予定

【販売サイト】

Makuake(マクアケ)商品応援購入URL→https://www.makuake.com/project/dgrule

期待できそうな【DGRuleドッキングステーション】

タイピングしやすくするためにMOFTなどの購入を検討していたので、一つの選択肢としてありだなと考えてる。ただ、唯一の懸念は到着が2021年8月になることやな。

RORONOA

RORONOA

8月まで待てる自信がない。。。

RORONOARK

RORONOARK

昼は絶賛社畜中!
夜は執筆修行中!

好きな言葉
『人に優しく、自分にはもっと優しく』
『明日か明後日から本気出す』
『七転六起』

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です