Amazon/ビジネス書の売れ筋ランキング

「iPhone 12」は医療機器から15cm遠ざけての使用を推奨。Appleが告知

1 min

 米Appleは1月23日に「iPhone 12」シリーズのワイヤレス充電機能MagSafe充電器などのアクセサリに内蔵されている磁石が医療機器に影響を及ぼす可能性があるという説明文を出した。

 MagSafeが植込み型除細動器(ICD)やペースメーカー等の医療機器と近い距離にある場合、磁石や電磁波が医療機器に干渉する可能性がある点についてはハッキリと明言しており、干渉リスクを避けるために必要な距離についての言及がされている。

具体的には、iPhoneやMagSafeアクセサリを医療機器から15cm以上(ワイヤレス充電時には30cm以上)離すことを推奨している。

 iPhoneおよびMagSafeがペースメーカーやICDに及ぼす影響については、米国不整脈学会(HRS)が医療機器と近い距離でMagSafeを使用した際、ICDが停止する再現性があったとの検証結果を報告している。 

 ペースメーカーやICDについても、国内の公的機関が電磁波への暴露を避けるよう周知している。

また、充電中のEV用充電器などには近づかないよう注意喚起を行なっている。

MagSafeはたしかに便利だ。僕も活用している。

結構磁力が強いから安心して使用できる。しかし、反面デメリットもあるということだろう。

RORONOARK

RORONOARK

昼は絶賛社畜中!
夜は執筆修行中!

好きな言葉
『人に優しく、自分にはもっと優しく』
『明日か明後日から本気出す』
『七転六起』

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です