Amazon/ビジネス書の売れ筋ランキング

THE NORTH FACE(ノースフェイス)のマウンテンジャケットの魅力を徹底的に語る

4 min

ボクはノースフェイスが好きだ。

ここ15年で10着以上の製品を購入して使用してきている。そんなノースフェイスの素晴らしい製品たちの中でも一番愛しているのは「MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)」だ。

これまで「ドットショットジャケット(M)」、「スクープジャケット(S)」、「アコンカグアジャケット(M)」、「コンパクトジャケット(M)」、「マウンテンジャケット(L,S)」等いろんなジャケットを使用してきたし、他のものももちろん全て気に入っている。だがそのなかでただ一つ選ぶなら冒頭にも明示した「MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)」と即座に回答するだろう。※()内はサイズ

MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)」はこれまでスノーボードでも使用できるように少し大きなサイズ(L)で愛用していた。でもあまりに好きすぎて今回タウンユース用に新たに「MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)」をサイズダウン(S)して購入したのでレビューしていきたい。

是非アウトドアブランドでマウンテンジャケットを検討している方は検討材料にしていただきたい。

RORONOA

RORONOA

ノースフェイスのマウンテンジャケット大好き!

MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)の特徴

完全防水のゴアテックス搭載

表地には150デニールのGORE-TEX 2層構造、裏地は軽量で強度を兼ね備えたリップストップナイロンを採用しており完全防水を実現している。よって雪山使用も問題なくできる。

ドットショットやスクープジャケットも頑丈ではあるが、それを遥かに凌駕する頑丈そうな質感なのがマウンテンジャケットだ。

ベンチレーションで温度調節可能

両脇のジップを開閉することで温度調整可能。オールシーズンでの使用を可能にしている。

止水ジップがあしらわれており開閉可能
開けるとこんな感じ。体温調整に使用可能

ジップインジップシステムで全季節対応

MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)は風は一切通さないし、雨にも強く完全防風防水。ただ暖かさはない。防寒の観点から見るととてつもなく弱い。

そこで必要になってくるのがこのジップインジップシステムだ。このシステムが、真冬の寒い時期にも対応し、年中無休の最強ジャケットとしてMOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)を押し上げている。

簡単にいうと、マウンテンジャケットをマウンテンダウンジャケットに進化させたり、マウンテンフリースジャケットに進化させたりすることが可能になるシステムや。

このシステムは『YKK 5VS VISLON』というZIPが使用されているモノであれば使用可能で、ノースフェイス以外にもユニクロのダウンやファーフリースを使用することも可能なのがいい。

実際みていこう。

ジャケットとインナーを連結 ZIP IN ZIP SYSTEM
 アウターとインナーの連結が可能である全気候対応型アウターだ
前を閉めるZIPとは別にもう一つZIPが隠されている
このZIPに例えばダウンジャケットのZIPを装着することでドッキング可能となる(写真はアコンカグアジャケットを装着)
腕の部分と首裏にはマジックテープで装着可能(写真はアコンカグアジャケットを装着)
ZIP IN ZIP SYSTEM使用後の内面はこんな感じ。(写真はアコンカグアジャケットを装着)重ね着だとダウンのジップを閉めて、マウンテンジャケットのジップを閉めてという作業が必要になるが、このシステムを使用するとマウンテンジャケットのZIPのみで脱ぎ着が可能になる。
システム使用有無にかかわらずデザイン性は一切失わない(前面オープン時)
システム使用有無にかかわらずデザイン性は一切失わない(前面クローズ時)
ユニクロのダウンやフリースともコラボ可能(写真はユニクロのファーフリース)

スノーカフ搭載で冷気を通さない

脱着可能なスノーカフがついており、用途に応じてつかい分けることができる。ボクはタウンユースでもつけっぱなし。

雪山使用でも困らない
不要なら外すことも可能

フードの形も自由自在

MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)はフードを大きいものが採用されている。ただアジャスターコードを使用することで自分に合わせていい感じに変更可能。

前面首元のアジャスターコードを引くことでフードの形状を自分に合わせることが可能
フードの後頭部面にもコードがある。
ここを引くことでも調整が可能

着やすさと使いやすさを考慮したデザイン

MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)は前面マジックテープ、最上部、最下部のみボタンロック可能。この前面がマジックテープを採用しているというところが着やすさという観点でもいい。

4つのポケットが全て止水ジップでついていることと前面のファスナーは2ファスナーを採用していて機能面でもGood。

最上部と最下部にボタンがあり、それ以外はマジックテープを採用
最上部と最下部にボタンがあり、それ以外はマジックテープを採用
前面の両胸部分にポケットがある。
止水ポケットを採用していて完全防水を実現している
内面両胸部分にも止水ジップでポケットがある。
開けるとこんな感じ。
前面は2つのファスナーがついていて下部のみ少し開けて使用ということも可能
ジップがあたる顎のラインは素材が変えられており不快感が全くない

デザイン性も高い

1985年にマウンテンジャケットは誕生しているがその頃から改良はされてきているもののデザインというところは昔から大きな変化もなく伝統のデザインを引き継いできている。前から見ても後ろから見ても美しいフォルムだ。

前から見た感じ
ZIP少し開けて前から見てみる
横に寝かせ前から見てみる
後ろから見た写真
開閉して見るとこんな感じ

他のジャケットとの違いは?

数多くの製品の中でボクがMOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)を選ぶのはいくつか理由がある。今回MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)とノースフェイスの中でも人気な二つのジャケットとを比較してみたい。※個人的見解

マウンテンジャケットVSマウンテンライトジャケット

MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)を選ぶ理由
  • 前面ファスナーの部分にマジックテープを採用していて着用しやすい(最上下のみボタン)。マウンテンライトジャケットは全てボタンであり面倒。
  • 150デニールの生地を採用し、防水能力が高い。マウンテンライトジャケットは70デニールを採用している。
  • ベンチレーションとスノーカフがついている。マウンテンライトジャケットにはついていない
  • 価格面ではマウンテンライトジャケットの方が15,000円程安い

マウンテンジャケット(55,000円)
マウンテンライトジャケット(39,600円)

マウンテンジャケットVSマウンテンダウンジャケット

MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)を選ぶ理由
  • マウンテンジャケットはオールシーズン活用できるが、マウンテンダウンジャケットは冬にしか活用不可能
  • マウンテンジャケットはZIP IN ZIPにて着回しを変えるという楽しみ方ができる
マウンテンジャケット(55,000円)
マウンテンダウンジャケット(68,200円)

MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)は至高の一着

ここまで特徴についてお伝えしてきたがデメリットもある。そこも最後に触れておきたい。基本的にこの手のジャケットは価格が高い。スノボをずっとやっていたが、ウェアの買い替えは1,2年に1度のペースでやらざるを得ないのだがやはり価格は高かったのを記憶している。

そしてもう一つ。ボクはデザインがいいと行ったが2色使用の切り返しのあるデザインは好きではない。MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)は黒のみが単色デザインであり、それ以外は2色の切り返しがあるデザインだ。よってボクにはブラック一択だ。そこもデメリットになりうるだろう。

MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)は5色展開

2つのデメリットは伝えたが、ボクにとってはメリットの方が遥かに大きい。これからもこの大好きなMOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)と共にいろんなところに訪れたいと思う。

サイズに関してはボクはSサイズを選択している。(身長175cm 体重68kg)タウンユース使用で、ZIP IN ZIPでダウンを入れても着れるし、中に厚いものを着なくてもスマートに着こなせるのがボクはSだった。(雪山での使用の場合中に結構着たりするのでマウンテンジャケットとパンツのセットアップをLで使用している)

マウンテンジャケットを購入検討しているあなたの一助となれば嬉しく思う。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です